ガイド

低温ヤケドとは

カイロに限らず、体温より高い温度の発熱体を長時間あてていると紅斑、水疱等の症状をおこすやけどのことです。なお、自覚症状をともなわないで低温やけどになる場合もございます。

通常、カイロからの熱は血液の流れによって、体中に運ばれ拡散していきます。しかしカイロを使用している部分をガードルやサポーターなどで圧迫したり、そのまま就寝した場合などは血液の流れが滞り、熱が拡散されにくくなるため、カイロを貼った皮膚の表面温度が上昇しすぎて低温やけどしやすくなります。万一「低温ヤケド」をしてしまった場合は速やかに医師の診察をうけてください。

低温やけどを防ぐには

◆ カイロを直接肌に使用しない。 (直貼りタイプを除く)
◆ カイロを就寝時に使用しない。
◆ カイロを使用している場所を圧迫しない。
◆ カイロが熱いと感じたときは、すぐに使用をやめる。
◆ カイロを一ヵ所に長時間使用しない。
◆ カイロの使用上の注意をよく読み、正しい使い方をする。
◆ カイロを自分勝手な判断で使用しない。
◆ カイロの使用部位、目的が特定されているものはそれを守る。

高齢者のやけどについてのご注意

消費者庁から「高齢者のやけどに御注意ください!」としたが公開されました。
マイコールでも低温やけどに関する注意を商品裏面に記載するなどしておりますが、この資料をお読みになり、安全で快適にオンパックスをご使用いただきたいと思います。
 【ご注意】リンク先はPDFとなります