ガイド

江戸時代から続く、温かさの知恵

カイロのルーツは江戸時代までさかのぼります。江戸時代の人々は石を温め懐(ふところ)に入れて体を温めていました。
明治に入り、麻殻炭の粉を袋に詰めたり、練ったりしたものを容器の中で燃やすカイロ(カイロ炭式)が出てきました。
そして大正時代になると、ベンジンの気化ガスを白金の触媒作用を利用したカイロ(ベンジン式)が登場してきます。
そして、鉄粉を使い、酸化熱を利用した現在のカイロが出てくるのは昭和になってからです。