ガイド

『サビ』の力を利用したエコ発熱

カイロは誰もが知っている化学反応で熱くなっているのです。
鉄を濡れたまま放置しておくとサビてきます。このサビは鉄の酸化、つまり鉄が空気中の酸素と反応して酸化鉄になる化学反応のために生じるのです。
実はこの鉄が酸化する(鉄がサビる)時に、反応熱といわれる熱が発生しています。普段の生活の中では非常にゆっくり反応が起こるため、この熱を感じることはできませんが、カイロはこの反応熱を上手に利用できるように、さまざまな工夫を施しているのです。

カイロ原料の役割


原材料名

役 割

鉄 粉

酸化反応により熱を発する主原料

鉄と酸化反応する

塩 類

触媒としての働きをします
酸化反応を進める塩類は自らは変化しない(反応には直接関与しない)が 反応を促進する働きがある。

活性炭

炭素成分が酸化反応を高める
酸素濃度を高めるとともに、電子を仲立ちし、反応を高める働きがあるとされる。

木 粉

保水剤

バーミキュライト
(ヒル石)

保水剤

吸水性樹脂

保水剤